2015年7月20日月曜日

伊藤忠を毎月積み立て銘柄へ

本日、毎月積み立て銘柄を東京海上HDから伊藤忠商事に変更しました。

とうとう禁断の商社株に手を出します。

商社株は万年割安株と言われているくらいに人気のない株です。

資源に手を出しているからだとか言われていますが、それはもう話題としては充分に出尽くした感じはします。

しかし株は人気投票と言われることもありますので、皆がそう思えば株価は上がりはしないのです。

私も上がることは期待していませんが、商社株は意外に底固いと思います。

あの住友商事でさえ、株価は元に戻しています。

また数々の投資家を凍死家に変えてしまう理由が、かなり割安な状態が長く続いていることです。

値上がりを期待して、つい買っちゃう。

perは10倍を切りますし、pbrは1倍ありません。

配当も3%以上です。

今の株高の中でもこれは魅力的です。

あと個人的な考えでは、日本は島国だから商社は絶対的にいるように思います。

巨大な量の物資を日本に運んでくるにはやはり、巨大な商社が必要に思います。

まあ、ぐだぐだと書きましたかが、

1.株価が上がらなくても配当金が高い

2.上がりもしない代わりに下がりもしなさそう

の2点に理由は集約されそうです。

ちなみに東京海上HDはしばらく買い増しは止めようと思います。