やっぱり投資信託は買えない?

確か11日のモーニングサテライトのニュースだったと思いますが、

「投資信託で分配金の減少が相次いでいる」

という、ニュースを耳にしました。

分配金・配当金狙いの目的では、投資信託より個別株の方がいいのかな、と思いました。


分配金減少の理由として、利回りの低下による運用難、と言っていました。

3分の1の投資信託が分配金を減少させた、と言っていたので、けっこう一気にやっているイメージです。

あと、他社が減少させたなら、他の企業も減配で追随しやすいということもあると思います。


よく考えれば、ETFでもそうですが、投資信託で連続増配という話は聞きません。

個別銘柄はよく聞く話ですが、、、。

配当金目的の投資では、減配リスクは極力減らしたい。

そう考えると、やっぱり個別銘柄を選ばざるを得ないか?

リスクも分散させるために、連続増配銘柄を複数持つ。

そんなことを改めて、考えさせるニュースでした。