ポートフォリオを入れ替える目標を立てました。

目標のポートフォリオ

ポートフォリオの入れ替えを行おうと考えています。買い方や保有割合の状況があまりにもずさんで、行き当たりばったりのような気がしているからです。いつも参考にしているバフェット太郎さんの買い方やポートフォリオを見ていて、すごく考えられたやり方だなと感じるので、それを参考にさせて貰おうと思いました。で、冒頭のグラフが目標とする姿です。



PG、KO、JNJを投資の軸に。

現在の状況との比較

ジョンソンアンドジョンソン(JNJ)、プロクター&ギャンブル(PG)、コカ・コーラ(KO)の3社を軸にしていこうと思います。3社に入れ込み過ぎじゃないか、現にKOの株価は軟調じゃないかと自分でも思いますが、この3社はやはり盤石な会社じゃないかと思います。


私はまだまだ短く拙い投資経験なのですが、PG、KOは自分の中で快眠銘柄です。JNJも安心感があります。株価の下値も底堅い気がします。


自分のアホをようやく認める。

IVVはS&P500指数の連動するETFです。私の保有するポートフォリオは市場平均にボロ負けです。市場平均と比較する必要などない、と考えていましたが、流石にパフォーマンスが相当離されているので、自分の投資法に問題があるんじゃないかと思うようになりました。


トランプ相場から今までのS&P500の上昇っぷりを傍目で見ていると、上昇の勢いには凄いものがありました。それを指をくわえて見ていたわけですが、正直HDVを買わずに素直にIVVでも買ってればよかった、、、。で市場平均のETFを取り入れないのはアホのような気がしてきました。もしS&P500が10~20%調整するようなときがあれば、積極的に買い向かっていきたいです。(全部ETFにするのが一番いいのかもしれませんが、ETFは配当金が約束されていない気がしますので、、、。)


悲しいけど、今のうちにWFCとサヨナラと。

ウェルズファーゴ(WFC)を売却するのは、

1.今から銀行株は上昇しそうだが、株価下落時には多分、銀行株が売られそう(リーマンショックの時の記憶が、、、)。今から少しづつ売却していくのが吉かもしれない。

2.銀行株は自分には内部が理解不可能。あと巨大化し過ぎで、分割とかあるんじゃないかと。米国民に銀行はけっこう恨まれているので、いつか槍玉にあげられるんじゃないかと思います。さる見識の深いブログで知りましたが、エリザベス・ウォーレンという筋金入りの銀行嫌いの方が、次期民主党大統領候補になるという噂も。トランプは次どうなるか分からんからね。その他エトセトラ、、、。

という理由です。私のポートフォリオ変更でまずやるべきことは、WFCの売却です。1年くらいで。


HDV(米国高配当etf)も売却しようと思います。IVVもありますし、特にHDVにこだわる必要もないかなと。それにこのETFは個性が強い。エネルギーセクターの割合が多いので、原油価格の影響をけっこう受けているし、通信業界の影響も大きい。グーグルファイナンスで過去のパフォーマンスをIVVと比較すると泣けてきます。無難にIVVでいいかなと。



変動率の低いポートフォリオを作りたい。

で、この目標ポートフォリオは株価下落に耐性のある構成ではないかと思います。来たる株価下落時に備えようとしている部分もあります。投資目標は、

「株価下落時は市場平均を上回り、株価上昇時は市場平均を下回る、株価変動率の低いポートフォリオ。平均すると市場平均。」

と、都合のいい投資目標でいこうと思います(笑)。


明らかに株価が下落しているな、と感じるときはIVVや投機銘柄の割合を少し高めれば、少しはパフォーマンスもあがるんじゃないかと目論んでもいますが、、、。


ポートフォリオの入れ替えは多分数年はかかるので、これから長く地道に、少しづつ変更していこうと思います。


            

いつもありがとうございます。