かなり微妙!ゼネラルミルズ(GIS)の業績分析。



ゼネラルミルズが2,017年度の第4四半期と通期の決算を発表しました。第4四半期の売上高は3.1%減の約38億1000万ドルでしたが、市場予想の37億5000万ドルを上回りました。EPSも0.73ドルで市場予想の0.71ドルを上回りました。これを受けて、一時株価は急騰しましたが、翌日には株価は元に戻しています。


売上・営業CFは下落、利益は横這い、配当は増配。

上記の表は通年の業績です。売上高がはっきりと落ちているのが分かります。2017年の第4四半期は売上高が落ち、利益はそこそこ残せていますが、結局のところ経費削減で利益を出しています。経費削減で利益を出すことは素晴らしいことだと思いますが、根本的には売上高を回復させて利益を出すことが王道ですので、数値が市場予想を上回ったからといって素直に喜べる状況ではないと思います。


営業利益とEPSは横這いかなと。結構乱高下していますが。この辺りKOなどに比べると安定感は無いように思います。連続増配ということで購入しましたが、体質にKOやPGのような安心感はありません。配当金は2017年もきっちりと増配しています。


営業CFは下落です。「キャッシュは事実」という言葉がありますが、これが嘘をついていないGISの本当の姿かもしれません。


GISは売上は落ちているが経費を削減する努力によって利益をなんとか捻出。それに自社株買いなどを通じてEPSは横這い。しかし実のところキャッシュを稼ぐ力は下落している、というのが正しい見方でしょうか。


商品の販売数量が落ちているのが痛い。



これはGISのサイトから切り取った売上高の数値です。グーグル翻訳しています。「有機物量」という項目は正味の販売数量、「オーガニック価格/ミックス」というのは価格改定値です。で結局のところ、通年では北アメリカや欧州&豪、アジア&中南米のすべての地域で販売数量を落としています。価格改定はプラス値ですので、要は価格を上げたということで、販売数量の下落を少しはカバーしています。


で、販売数量は下落、値段を上げて少しカバーということで、正味の全体の売上高はマイナス4%です(赤丸の部分)。買収・売却、それに為替の影響を含む、冒頭で述べた決算で報告された売上高がマイナス6%です(黄色丸の部分)。


言えることは、やっぱり販売数量が落ちるときついよね、ということです。正直、GISの製品離れが進んでいるんじゃないのか?と言える状況だと思います。


ヨーグルトの売り上げが落ちまくっている。

でこの売上下落の主な要因は、GISのヨーグルトの売り上げ不振と消費者の加工食品を敬遠する消費動向だと思います。GISのヨーグルトは「ヨープレイ」という商品ですが、最近は米国で大人気の「チョバーニ」というギリシャヨーグルトに押されまくっているようです。確か6月29日のモーサテでもニュースにあったような。


またGISのような企業が作る加工食品は体に悪いと、米国の消費者より敬遠されている傾向があります。加工食品の売り場を縮小して、生野菜などのコーナーを広げる動きが小売業界であるようです。CVSヘルスは大手ドラッグ企業ですが、店内入り口に広げていたお菓子コーナーをわざわざ店内の奥に持っていって、健全なイメージの企業を作ろうとしているようです。


GISに風当たりは強いが、結局、、、!

まあ、そんなこんなでGISの商品は敬遠されまくっているようですが、問題はこれからでしょう。正直、私の感覚からすると、あの肥満体質な米国人が健康的な食事をするというのがイマイチつながりません。それに全ての食卓から加工食品が無くなるというのも、考えられないことです。しかし現実は健康的な食事がもてはやされている動きがあるのは明らかです。そういえばブルーエプロンという企業も上場したようです。


ハーゲンダッツを食べよう!

しかしまあ、ここまで否定的なことを書いていてなんですが、私はGISは断然ホールドです(笑)。GISはなんと115年以上減配無し企業です。チョバーニなどというぴょっとでの若造が出てこようが、そんなの乗り越えられる気がします。キムタクブランドは依然強いのと同じ原理です。(ちょっと違うか。)


115年はダテじゃない!GISはチョバーニ以前に生命の危機である第二次世界大戦を乗り越えているという、強者企業です。正直、新しいヨーグルトがでようが、戦争というとんでもない事態よりかはよっぽどましな気がします。私としては買い増し候補に入れています。


GISの株価を支えるために、ここ極東の地で私は大好きな「MOW」の買い上げ頻度を減らして、たまには高価な「ハーゲンダッツ」を食べようと思います。Let`s eat Haagen Dazs!!その時はブログにアップしますので、よろしくお願いします(笑)。(拡散希望)