粛々と株を買うだけ。



株高や為替の乱高下など投資家を悩ます状況が続いています。ただ私は株を粛々と買おうと思います。

株が高いからといって、株を買わない選択肢は正しいのか?この選択には悩むところで、今株を買うとひょっとして損をする可能性もあります。損をする可能性は考えたくはないですが、一方で株価の先行きがどうなるのか分からないのは事実なわけで。

投資先の企業が利益を出し続けることを考えると、高い株価で買っても投資はいつか報われそうな気はします。

為替も急激な円高が進んでいます。ただ円高だといって慌てて買い出動しても、さらに円高になる、ということはざらです。タイミングは難しい。

また円高になったといって、これから2018年の年末にかけて円安にならないとも限らない。ドルの方が利回りが高いということは、十分に円安になる可能性があるということです。

為替もどうなるのか分からない。



株も為替も先行きは分からない。そして株を高値で買ったから儲からない、とも言えない。2017年も高い高いと言われながら、株価は高値を更新し続けました。遠い将来を考えると、優良米国企業に投資していれば、いつかはお金を生みだしてくれそうな気がします。

株が高いだの、為替はどうなる?だの頭ではいろいろ考えながら、行動としては粛々と淡々と、毎月株を買おうと思います。

0 件のコメント :

コメントを投稿